膣がゆるむ前に何とかしたい~原因と今からできる対策~

女医と看護師

どうして膣がゆるむの?

女医

膣がゆるむメカニズム

骨盤底筋群が筋力低下してしまうことで、膣のゆるみが発生してしまいます。骨盤底筋群とは、骨盤の下にある支給や膀胱、腸を支えているクッションのような筋肉です。この筋肉が衰えてしまうと、膣が緩んでしまうのです。

膣がゆるんでしまう原因と対策

膣がゆるんでいる女性は出産経験をしていなくても発症してしまいます。原因として最も多いかかったものを3つ挙げてみました。膣がゆるんでいると感じる方は、ぜひ試してみて下さい。これで改善できる場合もあります。

膣がゆるんでしまう原因トップ3

妊婦

女性に最も多い「出産」が原因

出産をすると、膣が緩くなってしまう場合があります。理由としては、膣が産道になっているわけではなく、妊娠中に胎児や重たい子宮を支え続けていたことで骨盤底筋群の筋肉が衰えてしまい、膣がゆるんでしまうのです。これは、膣トレを定期的に行うことで、完全ではありませんが改善できます。

生活習慣病のひとつ「肥満」

下腹部に脂肪がつけばつくほど、その分だけ骨盤底筋群に負荷がかかってしまいます。負荷がかかった骨盤底筋群は子宮や膀胱、腸、脂肪を支えきれなくなり、筋力が低下して、ゆるんでしまうのです。府頃から生活習慣を整えることで解消されます。

猫背やもたれかかった「姿勢」

背筋をしっかり伸ばしていれば、お尻周りにある筋肉や膣の筋肉が引き締まりますので、膣がゆるみにくくなります。逆に、姿勢が悪い状態だと、これらの筋肉を使いことが殆どなくなりますので、筋肉が衰えていくのです。日頃から正しい姿勢を意識しておくと良いでしょう。

日頃のちょっとした工夫でも改善できる

出産を経験していても、そうではなくても、日頃の努力で膣の締りが良くなるのです。膣がゆるんでしまう原因に思い当たる方はいませんか?当てはまるのであれば、毎日の生活にちょっとした工夫を入れでみるだけでもだいぶ効果があるのです。